サイトアイコン チャーチル会ヨコハマ オフィシャルページ

令和3年12月のデッサン会

2021年12月7日(火)

湯山先生  19名 

着衣モデル 

先生からのアドバイス

 絵は描く過程が大事なので、無理に完成させなくても良い。

1枚の絵の中に明暗や、色の強弱が必要。主役、脇役をはっきりさせる。要は「抑揚」のある絵になるように。席に座ったらそこを動かないのではなく、あちこち見て回ると見えない物も見えてくる。目の動き、左右の方の高さ又は肩の長さや幅にも注意する。

今回はベストの黒をある程度濃くすると、ブラウスの白が映える。又、顔は輪郭をはっきり描くことから始めないで、目の位置を決め、黒目、鼻、唇、顎とあたりをつけてから描いて行くこと。

以上のアドバイスを頂きました。

               記 デッサン会幹事 酒井政子

モバイルバージョンを終了