6月の絵

今泉健壽 5月の美山 4号 油彩

 
コメント: 

 田舎育ちの所似か藁屋根に郷愁を感じ、古民家のある公園に始まり忍野・大内宿・白川郷・五箇山等々風景画の半分は藁屋根の民家を描いております。

 この絵もチャーチル会の京都大会を契機に美山を訪れ、以来ハマってしまい、数点描いた物の内の一枚です。

藁屋根と鯉のぼりの取り合わせがなんとも気に入ってます。

 

 

 

2013年〜2021年の旧サイトはアーカイブに移動しました。